スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

麻婆豆腐、野菜炒め、サラダ、とろろ汁


JUGEMテーマ:晩ご飯(夕食)の献立・レシピ

麻婆豆腐
アスパラ・もやし・舞茸の炒め物
水菜・レタス・人参・ジャコのサラダ
とろろとしめじ・三つ葉のお吸い物

作り方は続きに
 

 作り方

麻婆豆腐
材料 木綿豆腐×1丁、ねぎ・しょうが・にんにく×適量、ひき肉 100〜200g、豆板醤、一味唐辛子、だし汁(鶏がらor和風出汁でも問題ないです)、塩、胡椒、片栗粉


1 豆腐に重石をして水を切っておく
2 ねぎ・しょうが・にんにくをみじん切りにする
3 中華なべにごま油を熱し、一味唐辛子を一振りいれる。すぐに豆板醤(小さじ1)、しょうが、にんにくを入れて香りがでるまで炒める。
唐辛子は2振りくらいだとちょいピリ辛、5振も入れるとかなり辛いです。あと焦げると苦いのであまり強火にしないように注意。
4 ひき肉を入れ、色がしっかり変わるまで炒める。軽く塩・こしょうを振る。
5 豆腐を手で崩しながら入れ、ザッと混ぜたら出汁1カップを入れて煮る。ここで味見をして味を調える。塩味や辛味がきつければテンメンジャンや甘めの味噌などを入れる。醤油などはお好みで。
6 味を調整したら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
7 器に盛って、ネギを散らす。食卓で好みによって花椒をふります。

注 豆板醤と出汁にも塩分が入っているので塩気は少しずつ加えるようにする。
  水溶き片栗粉は同量の水に浸して時間をおいておく。(あまり水が多いと加えたときに味が変わる)入れたらダマにならないようによく混ぜて、さらによく加熱する。(火を通さないととろみがでないため)

絹ごし豆腐で作る場合は塩茹でにして水気を切るか、水を切らずに出汁を減らして長めに煮るなどすると美味しいです 木綿でも絹ごしでも

アスパラ・もやし・舞茸の炒め物
今回は以前「ためしてガッテン」で紹介されていた時間が経ってもシャキシャキの炒め物の作り方でやってみました。

1 まずそれぞれの大きさを揃えます。今回はもやしにあわせて舞茸を一口サイズに裂いて、アスパラは1cmくらいの斜め切りにします。
2 多きめのフライパンに油を引き、材料を全部入れてならします。このとき余熱もせず冷たいままのフライパンに油・材料をいれます
3 火をつけます。火力は強めの弱火。フライパンの底に炎の先が触れないくらいの弱さです。
4 しばらく加熱して、食材のふちの油が少しパチパチあわ立ち始めたら転地を返します。
5 同じようにパチパチしてくるまで放っておいて、火が通ってきたら塩・胡椒で味付け。味見しながら火が通っているかチェックすればいいと思います。

このやり方でやると本当に何時間経ってもシャキシャキした状態がキープできるので、家族が帰ってくるのが遅いときなどオススメです


とろろ汁
材料・・・だし汁、長芋or大和芋10cm、しめじ、三つ葉

1 だしをとる。きのこ類は味が出るのでだしパックと一緒にいれて煮ます。
2 三つ葉は洗って3cmくらいに刻み、水気を切っておく。
3 だしに塩・薄口醤油などで味をつけます。
4 大和芋をおろし金ですりおろし、それぞれのおわんに分けていれます。
5 わかした汁をおわんにそそぎ、上に三つ葉をちらします。

とろろは鍋で加熱せずにおわんに熱いお吸い物を注いで余熱で火を通します。三つ葉も同様。
お吸い物でなく味噌汁でも出来ます。同じ作り方で納豆汁も


サラダは普通にサラダ作ってオリーブ油で炒めたしらすを乗せただけです。本当はちりめんじゃこでやるんだけど家になかった。







スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする