スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

語りかける風景

JUGEMテーマ:美術館に行ってきました

ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景
コロー、モネ、シスレーからピカソまで

 
アルフレッド・シスレー 《家のある風景》1873年

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム です

感想は続きに。

風景画、とくに田園風景とかの絵ってどうにも惹かれるのでこのタイトルだけで行きたくなってしまいました。

山間の古城とか、田園の上を流れる色づいた雲とか、見たことないんだけど
この空の色、この枯れた山の色は見たことあるかもしれないとか
自分の記憶とどこかしら繋がってる部分があったりするから風景画は見入ってしまうのでしょうか。


あと後期印象派のつぶつぶ画法は視界に入った瞬間ギクッとなりました。年々つぶつぶ苦手が酷くなって来ている。昔は気にしたこともなかったのに何でだろう。

珍しくポストカード何枚か買いました。
でも実際にみて「ああ、いいなぁ!」と思ったものと ポストカードになったときに素敵に見えるものって違うのよね。

テーマ設定のある展示は行くと発見があるので好きです。最近は年に数えるほどしか美術館行ってないけどもっと行きたいなぁ

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする