スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

イグジット・スルー ザ・ギフトショップ / 127時間

JUGEMテーマ:最近みた映画

相変わらずまとまってない感想。

「EXIT THROUGH THE GIFTSHOP」
前半はストリート・アートのドキュメンタリーとしての楽しさや、街中で作業するのにくっついてくハラハラ感で楽しく、
後半は電波少年的なハラハラ感で先が気になる。

街中で日ごろ見かけるものが出ていたり、その経緯が見られるのが面白い。
勝手に何かの団体のマーキングなのかと思ったりしていたので。

後半の感じはモヤモヤするんだけれども、そういう作りになっているからといって
実際のMBWの作品を見たわけじゃないしなんとも言えないな。

自分が受け取る分には、日ごろアートを鑑賞する際に(アート以外でもそうだけど)(漫画とか)
「すごいらしいけどよく分からん」「評価は高いし、何が受けてるかも分かるけど好きじゃない」
ということはあるし、さらに、
「あのとき意味分からなかったけど、文脈が分かると楽しめるようになることもある」
ということも多々あるためどれだけの熱量でもって自らが当たるかによって
受け取り方は違うのはあるんだけど

売れることや売ること、さらにそれ自体を目的にする人が現れる事によって作り手側の意識の範疇から大きく逸れていくのはやはり苛立ちを覚えるのだろうな。消費されるということだもんね。

映画としても面白くてストリートアートへの興味をかきたてられる。
見終わった後、なぜか村上隆を思い浮かべてしまった。



「127時間」
非常テンポが良くポップな作りで、そうじゃないと自分じゃ見られないと思ったので良かった。
アメリカの大自然が美しい。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2012.06.06 Wednesday

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする